HEAL 見どころ(Vol.6)「あなたの思考と感情で生まれた『信念』が、毒になるのか、薬になるのか」

  見どころVol.2で書いたエリザベスのがんとの闘いは続いています。体の健康には十分に気を使い、Yogaや運動、そして食事にも気を付けていたのに・・・診断結果は、ステージ4でした。彼女は、がんの化学療法に対して、極端に抵抗し、今までの自然療法を続けていましたが、なかなか回復が見込めません。しかし、頑なまでに、それを続けています。周りから(特に家族から)のアドバイスもありましたが、他の治療法に選択肢を広げるには、少し時間がかかりました。彼女自身が、化学療法は毒であり、体を害するというイメージから離れられなかったのです。彼女は、ホリスティックヒーラーであるディアンと出会い、家族から化学療法を進められていることを話します。 

家族の自分を心配する気持ちを組むと、そのアドバイスを受け入れることを考え始めました。「もし化学療法をするなら、抗がん剤を毒とは思わずに、がん細胞だけを鎮めるカクテル療法だと思いなさい」とディアンは、アドバイスします。

ここでのポイントは、治療を受ける人の「信念」の力です。

あるグループは、抗がん剤を毒とした信念を持ち、あるグループは、西洋医療こそたよるべき道であるという信念を持っています。映画の中で、マリアン・ウィリアムソンは、「私たちは、無限の力を信じるより、がんの怖さを信じる傾向があります」と語ります。自分の信念が、どちらに傾くかで、その方向が変わります。大切なことは、怒りや恐怖心の心を持つことは、誰にでもあることで、その気持ちが生まれることが、問題なのではありません。問題は、無意識に、その気持ちが蓄積されていることです。

体も同じで、悪しき食事の選択や、消化不良によって毒素を蓄積させていることで、生理学的な不具合が起こるように、心に恐怖心を蓄積させていることが、ストレスホルモンを分泌させて、治癒を遅らせる傾向になるからです。

人によって、信じている内容が間違ったものであれば、結果は間違いになります。

悪しき思いが、潜在的に蓄積して、良からぬ現実を創りだしていることを、リクラスする(再分析、再分類する)エクセサイズをエリザベスは取り入れました。

 

 

 

時には、大きな深呼吸や、大声を出したり、石を投げては、自己解放するのです。(日本には、内観法というリクラスがあります)ディアンの指導の下、このようなエクセサイズにより、新しい気づきが生まれて、良き「信念」にシフトしていくことが、映画の中で描写されています。

Share on Facebook
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

  • Facebook Basic Square

© Copyright 2018 一般財団法人 平田ホリスティック教育財団  All rights reserved.