HEAL 見どころ(Vol.10)病気の寛解(Remission レミッション)の本当の意味は、Remember My Mission ~自分の使命を忘れないで~

 

 

 見どころガイドの最後は、大変に印象深いアニータ・ムアジャーニの言葉です。

ガンの末期で、昏睡状態から目覚め、完全寛解に至ることができた彼女の話は、大変に説得力があります。人は、健康な時は、健康のありがたみが分からないと、良く言われますが、誰もが「大事なこと」に、気づかなくてはいけない時があります。

その気づきの時(ウェイクアップコール)が、経済的な破綻、家族や人間関係のトラブル、また、病気、怪我によるキッカケとして、その人の人生を大きく変えるかも知れません。事の起きた時には、「何故、私の身に、この災いが振りかかるの?」と、何かや誰かのせいにして、怨むこともあるかもしれません。映画HEALの中で、描写されていることは、自分にとって不都合な出来事が起こった時、私たちは、そのことを「どのように受け止めるか」ということです。

そして、その受け止め方の方向によって、生理学的にも、精神学的にも、良い方向に向かう可能性があるということを、様々な局面から示唆してきました。

それでも、人生に100%確実なことはありません。

ですから、「受け止め方を変えただけで、状況など変わるはずがないよ」と思われる方もいます。無論、そのように自分が思えば、何ひとつ変わらないでしょう。

「変わる」と思えるも、思えないもの、どちらの選択も、真実です。

しかし、私たちの心は、どちらかの選択の中で生きなければなりません。

 

病気の治癒の過程にあることを、Remission(寛解)レミッションと言います。

アニータは、寛解期にある人に、考え方として次なるメッセージを送ります。病気の寛解(Remission:レミッション)の本当の意味は、Remember My Mission:リメンバー・マイ・ミッション ~自分の使命を忘れないで~

その心は、自分が受けたおそらく試練と感じる出来事、例えば病気、事故、経済的破綻、人間関係のトラブル等は、自分がこの人生でやるべきこと(使命)に気づくためのウェイクアップコールだと・・・

やるべきことの意味には、必ずしも何かの活動のように外側に向けてのことに限らず、内側(心)の世界観が変わることの意味が、極めて重要であることを補足していました。

 

皆さんのMission(使命)とは、何があるのでしょうか?

本映画をご覧いただき、「100%の道はなく、ただ100%に近づく可能性のある道がある。だからその道の根拠を学び、歩き出す選択も、人生にとって良いことかも知れない」と感じて頂ければ、この上映会を開催した意味があると思います。

 

HEAL「奇跡の治癒力」、どうぞご期待ください・・・

上映会場でお会いできることを楽しみにしております。

 

平田ホリスティック教育財団

理事長  平田 進一郎

Share on Facebook
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

  • Facebook Basic Square

© Copyright 2018 一般財団法人 平田ホリスティック教育財団  All rights reserved.